初めてのエステ体験!脚やせエステはなぜ痛いと感じるの?

脚やせエステを経験した人の中には、施術を痛いを感じる人がいます。これはリンパの流れが滞り、老廃物がたまりにたまってしまい、こり固まった脂肪になってしまっているからです。そのため痩せるためには凝り固まった脂肪をまずは柔らかくすることが大切なのですが、脚はどうしても老廃物が溜まりやすく脂肪もこり固まりやすい部分と言えます。

それは脚が身体の下にあるため、重力の関係上、下半身に余分な水分が溜まりやすいために起こる現象です。これはよく夕方になると脚がむくんでしまうことと同じことなのですが、本来であれば毎日、むくんだ脚をリンパマッサージして余分な水分や老廃物を下半身から追い出すことが大切です。しかしセルフマッサージをすると痛みを感じれば止めてしまいがちですし、本格的なリンパマッサージは素人にとっては難しくもあります。

そこでエステサロンで自分へのご褒美として脚やせエステを1~2週間に1回程度でも行うとむくみ対策にもなりますし、下半身太りを解消することも可能になります。また脚やせエステに通い始めた頃は痛いと感じていても、柔らかく老廃物の流れやすい脂肪になれば痛みも軽減されていくため、痛みを感じなくなるまではある程度、エステサロンに通った方が良いかもしれません。
脚やせを目指すのであれば、どの程度の頻度で通えば良いのか、効果が出るまでの期間はどのくらいなのかを確認し、カウンセリングで相談をして、むくみ知らずの脚を目指してみてはいかがでしょうか。